フリーターから脱出したいならまずは正社員になるのがベスト

フリーターを脱出したい、今の生活から抜け出したい…。

若いうちならフリーターでもいいですが将来に不安を感じ始めたら早めに脱出を考えるべきです。

30代でフリーターだと正直目もあてられません。

再就職にもまともな生活を得るためにも正社員になることが一番の近道。

今から正社員になる近道や、現状から抜け出せない場合の対策方法を紹介します。

就職先の斡旋してくれる転職エージェントを活用フリーターでも問題なし

フリーター脱出には、手っ取り早く就職先を斡旋して頂ける転職エージェントがございます。大きく分けて3通りの転職エージェントをご紹介。

まずはIT業界で未経験OKの職場を探す

フリーターから正社員になるには、人手不足の業種でありなおかつ将来性のある業種が良い。

その中でもプログラマーは、私がオススメする業種ではありますが、未経験でもOKなIT企業を紹介しているサイトがあります。

これがまずは、フリーター脱出のための一番早いやり方です。

⚫GEEK JOB  未経験歓迎のIT系求人を抱えるサイト

⚫ワークポート 人材紹介部門で16年、未経験歓迎で無料プログラミング学習を並行させてできるサイト

ブラック企業を徹底的に排除してくれるサイト

⚫第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

⚫ウズキャリ

ホワイト企業だけに的を絞った就活を展開したい人向けのサイトです。

ブラック企業という地雷を踏みたくない人にはありがたいサービスです。

面倒な書類選考を排除してくれるサイト

⚫就職Shop 

100%取材した企業の求人を紹介、未経験歓迎、面接重視の求人

⚫DYM就職 

採用担当の方や企業の社長と直接交渉できるから、登録後に書類選考なしで面接までセッティングできる

⚫JAIC 

優良企業の求人を紹介してくれる

学歴が弱く、しかも職歴もフリーターだけだという人は面接を予め排除してくれるというオススメのサイトです。

フリーター脱出が難しい理由

フリーターは採用する企業側からすれば「ダラケている」という評価をくだされています。

ダラケていると見られているフリーター期間を面接官の納得ゆくように面接では説得しなければならない。

まずは、面接対策をどうするのか?考えなければならないようです。

フリーター経験が長くても正社員の仕事ができるのか?

フリーター経験が長いとして、正社員という責任のある仕事に対応できるのか?

この点を採用側は、気にかけています。

このような採用側の不安を払拭するにはどうするべきか?

手っ取り早いのは、プロの助言と指導を仰ぐこと

  • 履歴書の書き方はどうするのか?
  • 面接対策はどうするのか?
  • 業界研究とは具体的にどうするのか?

これらの不安や疑問を払拭するには、やはり転職エージェントに丸投げして指導をお願いするのが一番です。

何事も独学は遠回りになる!?

何か技術を習得するにはどうするのか?

自分がわからない問題をどうやって解決してゆくのか?

これらはこの先、生きていたら絶えずぶち当たる壁のひとつです。

世の中には、いろいろな価値観のある人がいらっしゃると思いますが、基本的に独学は遠回りになりますし疲れます。

まずは詳しい人に習う、教わるというのが一番です。

習う、教わる➡️教わったことを試してみてその効果を検証する➡️効果が上がれば、違うやり方を補足して自分なりの改良を加える➡️効果が上がらない場合には、メンター(教わる人)を変える

この繰り返しで良いです。

世話になった人には、義理を欠くな !?

さらに、私の場合ですと教わったことで効果が実際に上がればどんなに時間が経ってもお礼に挨拶状を送ったりなどして、義理を欠くことをしないようにしています。

この辺が「最近の若い世代」と言われる団塊の世代ジュニア以降の人間にはない心がけかもしれないです。

「あれだけ世話してやったのに、用が済んだら全然連絡してこない…」

これは、私がある事を教わっていた先生がポツリともらしていた言葉です。

たしか、野球評論家の野村克也氏も同じようなことを自著で述べていました。

「私が野球の指導をした連中は、年賀状のひとつも送りやしない…」

愛想もないし、義理も欠きやがると言いたいのでしょう。

良質な情報を掴むのは運次第か!?

ノウハウコレクターという言葉もあるように、今の世の中ではありとあらゆることについてのノウハウが溢れています。

その中でも良質な情報を手にする、もしくは優秀な指導者に巡り会うことで人生が急変して良くなったという人は、枚挙にいとまがないほどにいます。

それは、はっきり言って運が引き寄せたとしか思えない。

運を引き寄せたいならば、お世話になった人には暇を見ては挨拶状でも送るなどしておいた方が良い。

そうした小さな心がけが次の良質なノウハウを呼び寄せる。

正社員になるメリット

年収300万円の正社員を雇うと、企業は年500~600万円のコストがかかるとのことで、その関門をくぐり抜け正社員が誕生します。

さらに、正社員は簡単にはクビにはできません。

正社員をクビにできるのは横領など重大な犯罪を犯した場合、業績が著しく悪化した場合ぐらいで、正社員は生活の安定を確保することができます。

安定した仕事が約束されて生活に困窮することがないです。

女性が結婚相手を選ぶ際には、「正社員」という条件を挙げる人が多いでしょう。

また、結婚相談所では入会条件に「正社員」というのが大前提というところが大半です。

つまり、正社員とは安定した収入と社会における信用を手にすることができるのです。

現状フリーターでかつかつ時間も金がない脱出するのに詰んでいる場合

正社員になるためにも、就職活動が必要になります。

今ではネットでエントリーすればいいのでかなり楽にはなっていますが、最終的には会社に行き面接を行う必要があります。

ほいほいとじゃあ正社員に採用です明日からよろしく

とトントン拍子に事が進めばいいですが、当然不採用になるということも少なくありません。

それが1社2社なら良いですが10社20社となると交通費もかかりますし、その分バイトを減らしてしまい生活もカツカツになることも。

結局バイト生活に逆戻りになりフリーターから卒業できない負のループに入ってしまうこともあります。

結局必要なのは「金」まとまった金を稼いで時間に余裕を持たせて就活する

貧すれば鈍する

こんな言葉があるように、フリーターから抜けるためにも金が必要です。

まとまった金があれば就職活動に有利な資格取得も受けられます。

就職活動に集中できるのでブラック企業をスルーできる冷静さも得ることができます。

まとまった金を現状得るなら住込みのバイトを行い数か月無職でもいられるお金を稼ぎましょう。

リゾートバイトならまとまった金、リゾート地での新しい出会いと発見、就活にも有利な体験を得ることができます。

3か月で50万、目先の小金よりも将来的な投資としては有効な方法ではないでしょうか。

まとめ

フリーターから脱出するには正社員になるのが一番

そのためにも時間とお金はかならずもっておくこと。

ない場合は住込みバイトでまとまったお金を得て就活に集中。

その経験と必死さが正社員になるための生真面目さとしても好印象を受けられるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました