ニートでも半年で貯金100万円182.5日1日あたり5,479円達成する方法

半年で貯金100万円を達成するためには365日÷2の182.5日で5,479円/1日という計算になります。

1日だいたい5,500円貯金すれば達成できる金額。

大卒の初任給平均額は約20万円ですからほぼ満額貯金に回さない限り達成できません。

例えば現状ニートで半年以内に人生を変えるために100万円貯める!そんな状況でも可能な方法を紹介します。

実家暮らしをするのが基本

新卒で半年で100万円を貯金という金額はかなりハードルが高いと言えます。

この場合ですと、一人暮らしはまずはやめておいた方が良いです。

家賃や生活費など必要経費が多く手取り20万あったとしても5万貯金できたら上的くらい。

実家で生活して生活費をかけないで貯金するというのをまずは考えるべきです。

外食もなるべくしないで、タバコがやめれるならばやめた方が良いです。

クラウドワークスを活用し副業で稼ぐ日給1万を目指す

日本一の在宅ワークのサイトがあります。

クラウドワークスは、「企業と個人がオンライン上で直接つながり仕事を受注できる」というサービスを展開していて、登録者数も国内最大です。

在宅ワークには、この他にもランサーズというサイトもありますが、私が実際に使ってみた感想を申し上げますと、クラウドワークスの方がまずは案件数が多いということから、ランサーズよりも優れたサイトです。

1文字1円を音声入力で読み上げれば1時間で作成も可能

良くある案件がライター、文字単価は1文字1円が相場で5,000文字で5,000円。

交渉次第では1文字1.5円や2円という場合も。

得意分野であれば音声入力を駆使して一気に書き上げてしまえば30分で達成。

あとは修正を手動で行えば1時間で完了できることも少なくありません。

全てスマートフォンで行えることなので片手間で実現可能な作業。

さらに、驚いたことですがクラウドワークスは一定基準をクリアすると福利厚生を得ることができます。

例えば、住宅控除やローンを組むことも可能であるため驚きです。

詳しくは、クラウドワークスのサポートセンターに問い合わせて頂くとわかりますが、クラウドワークスは数歩先を進んでいるサイトという感が強いです。

これからの時代、在宅ワークが流行るはず家の中に引きこもる人はこれから増える傾向にあります。

「人とあんまり関わりたくない」という人が増えています。

私も含めてみんな自己主張が強くワガママになりつつあり、自分1人だけで仕事ができるスタイルを望んでいる人が多いからです。

パソコンとインターネットがあれば、わざわざ出歩くのは無駄になります。

住込みバイトで半年を労働一本に絞り経費を抑える

半年で100万円を貯金するのは、並大抵のことではありません。

それこそ労働一本に絞り、そのほかは切り詰めるというやり方。

それが実現可能なのは住込みのバイトを半年やってしまう方法。

  • 住居あり
  • 食事あり
  • 長時間労働で稼ぐ

無駄な出費は極力減らしてとにかく働くというのが住込みバイトのメリット。

リゾート地でのバイトなら

  • 休日はレジャーで息抜きができる
  • 出会いが多い
  • リゾート地だから観光がてらお金を稼ぐことができる

相場としては3か月で50万円稼げるので、三か月、三か月で区切れば達成可能なラインに乗れますね。

例えば夏は沖縄、冬は北海道とリゾート地を転々として住込みバイトをすれば一年中レジャーも楽しめるというメリットもあります。

実際これで100万円貯めて留学費用にしている人もいます。

ただし仕事は大変ですし、人間関係に折り合いがつかないなどのデメリットはつきものですが確実に稼げる安全な方法といえるでしょう。

30万円を借りて現物株を購入(リスクあり)

日経平均が大暴落を確認した後に、システマティックリスクを見てすかさず30万円をキャッシングローンで借りて、現物株を購入。

この現物という入り方が大事でして、絶対に信用取引をしてはいけません。

初心者もしくは中級者の人が信用取引をすると、だいたい負ける傾向にあります。

現物取引ならば、まずは安心して見ていられます。

さらに、システマティックリスクとは株価が意図的に下げられたときのことを指します。

株価は、一定周期でわざと下げられるようになっています。

ヘッジファンドという大口の資金を持っている機関投資家が自社の決算の都合で株価を大量に放出して、利益確定を急ぐ時期が来ます。

「何だかよくわからないが、株価が大きく下げた」

こういうときにこそ買い向かうときです。

そのときが株価が底値圏に向くときです。

この際、大きな下げを確認するには日経平均がボリンジャーバンドの-2δ(マイナス2シグマ)を突き抜けて下げた辺りが押し目買いのポイントです。

これは、証券会社の人に聞いてみると良いです。

「日経平均が暴落したときを教えてくれ」と言うと良いです。

「プロの目から明らかに暴落したとき」これぐらいはわかります。

しかしながら、明日に株価が上がるか下がるかはプロでもわからないそうです。

30万円を株式投資に賭けて、半分をコツコツ働いて稼ぐ「なぜ30万円なのか?」と申しますと30万円ぐらいならば新卒の人が借り入れても大きなリスクではないです。

ヤフーに掲載される国内株式の月間値上がりランキングの10位以内ぐらいにランクインしている材料が出て急騰中の銘柄が大暴落に巻き込まれて大きく下がったところを買い入れます。

(押し目買いを入れます)

これが半年後に2倍になるのをひたすら待つ戦略です。

仮に2倍になれば、60万円です。

これにあと、40万円あれば目標の100万円に到達です。

半分を投資に賭けて、半分をコツコツ働いて確実に貯める戦略です。

私の場合ですと、あまりに倹約生活を送ると必ずその反動が来るから、このような戦略を立てます。

新卒の給料では、普通に節約して半年で100万円貯金は難しいです。

あわよくば、株価が半年で2倍になることを期待半年で100万円貯めようとコツコツ働いて稼ぐというのは物理的に言って無理があります。

株式の運用益を出して、その残りを確実に貯めるというやり方が望ましいです。

まずは、暴落が来るのをしっかり待ってから暴落が来たら、そのとき流行っている銘柄にガッツリ買いを入れるという戦略。

これを半年で2倍になるのをじっくり待てばあとはコツコツ働いて100万円までの残りを詰めるだけです。

半年で100万円貯金に挑戦した経験が、その後の人生で活かされる!!

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」という言い伝えがありますが、あれは何も好き好んで苦しみなさいということではないです。

今回の記事のタイトルにある通り、挑戦した試みや経験が違うことに活かされるという意味だと私は解釈しています。

半年で100万円貯金が可能ならば、ゆくゆくは半年で1000万円という目標も、もしかすると可能になるかもしれないです。

実にニンマリする話じゃないですか。

無駄にはならない取り組みになるはずだと申し上げたいのです。

小さな成功体験が、やがて大きな成功を飛び寄せるというのは、夢のある話じゃないですか。

まとめ

  • 実家暮らし
  • クラウドワークスで副業
  • 住込み系のバイト
  • 現物株で安全に稼ぐ

夢のため、将来の投資のためいろいろな事情で半年で100万円ためるわけですが、それなりの労力は必要になります。

ただ貯金できないわけではない金額です。

今回の方法を行えばきっと半年の後の口座には七桁の数字が記帳されているでしょう。

タイトルとURLをコピーしました