中卒給料安い年収250万から這い上がる確実な方法

昔こそ中卒は金の卵と言われ、地方から都市部に工場で働かせに行ってた時代もありました。

現在では大学進学がほとんどで中卒ですぐに働くという人は少なくなりました。

しかしそれでも、金銭的な事情や家庭内事情によって中卒で働かざるを得ない場合もあります。

そんな中卒の人の給料平均は15万円、年収にすると250万円です。

中卒ってそこまで無慈悲なの?

と思いますが、這い上がることは十分可能です。

中卒でも年収500万円を達成することだって無理ではありません。

中卒で給料が安い理由は学歴社会だから

中卒で仮に正社員で採用された場合の平均給与は15万円です。

一方で大卒の場合は平均給与は20万円と、年間にして60万円の差。

さらにボーナスにも影響がでるため100万円近い差が大卒と出るのが事実です。

同じ仕事をしていてもこの状況は変わることはありません。

昇給ベースも大卒の方が高くなり年数が経てば経つほどその差は開く一方。

日本はなんだかんだで学歴社会、大学に出ている=一人前の人間と世間の風潮で思われているからです。

これが覆ることはそうないでしょう。

中卒で給料をアップするなら認められるしかない営業成績、資格など

中卒と大卒では初期段階から差がつけれてしまうのは仕方ありません。

しかし、そのままずっと底辺を地でいかないといけないのかというとそんなことはありません。

  • 営業であれば数字をたたき出す売りまくる売り上げを上げる
  • 国家資格を取得しスキルを持つ

この二つが確実に成功できるパターンです。

学歴はなくとも営業成績や資格保持であれば世間から認められるステータスです。

中卒で世間に認められる方法

  • 営業成績を目に見えてアップさせる
  • youtubeの登録者数1万人以上
  • twitterフォロワー1万人以上

中卒だろうが、目に見えて数字でわかる状態で成功を収めれば世間に認められることは間違いありません。

特にSNSやyoutube動画関係の登録者数の多さは影響力があるとしてIT界隈でもヘッドハンティングする企業が多くあります。

広告代理店やyoutube関係の事務所入りなどすることによって収入アップに繋がることもよくある話でしょう。

中卒でも資格取得すれば収入はアップする

国が認めた国家資格、例えば普通免許を持っているだけでも就職には有利です。

倉庫のバイトをしていてもフォークリフトの免許があればそれだけで時給が高くなります。

学歴社会でも、学歴不問の資格さえもっていればいくらでも収入アップすることは可能。

様々な資格を取得していればちゃんと頑張っている人とも見られ世間の目も変わります。

国家資格というと難しそうと思いますが、ちゃんと勉強すれば問題ありません。

資格によっては講義を聞くだけで取得できる食品衛生責任者資格というのもあります。

世間に認められる資格を取得することは確実に収入をアップできる方法といっていいでしょう。

中卒給料安い人でも稼げるようになる裏技

社長宅を飛び込み営業してみる

以前、YouTubeを視聴していると10代で億万長者になったと吹聴している青年がいました。

正直言って、本当に億万長者なのか信憑性は疑わしいですがユニークな青年でしたのでご紹介したいです。

関西の方でたしか中卒だと言っていました。

この人、なんと東京に住んでいる羽振りの良さそうな社長宅を片っ端から挨拶回りしていったそうです。

うまくいっている人に率直に質問した方が早い!?

この中卒の青年、東京の羽振りの良さそうな社長宅や店舗に挨拶回りして「突然で申し訳ないですが、私は中卒でして何か目ぼしい仕事ございませんでしょうか?」

「人手が足らないならば、私が穴埋めに働きますから私を使ってください。そして、何か将来性のある仕事を紹介して頂けませんか?」

このようなことを、いきなり挨拶と同時に言って回ったそうです。

40歳を過ぎた人間がこのようなことをすると、明らかに怪しまれますが、10代の青年がこれをやると世間では哀れみの目で見てくれるものです。

中卒で成功した人は、ハングリーな人が多い

さらに、青年実業家と呼ばれる人というのは学校もろくに行かないで体当たりで成り上がった人が多いはずです。

そういう人は、昔の苦労を思い出してか?

いきなり、10代の青年が「何か私にチャンスをください」

と悲痛な面持ちで言って来られると警戒心が緩むものです。

これは、だいたい想像できます。

そういう心の隙を狙う作戦は面白いです。

メンター(先生)から企業秘密を聞き出す

孫正義さんが、高校時代にマクドナルドの藤田田社長に手紙を送り、晴れて面会を果たし「将来はコンピューターを扱いなさい」

というアドバイスを頂き、孫正義さんが起業したときに藤田田社長と再び再会してコンピューターをマクドナルドに納品したという話を聞いたことがあります。

若いというのは、一か八かの挑戦ができる。

そのひとつが、有力者から教えを乞うことです。

結局は、人が良い情報を持ってくる

人をたらしこむスキルを身につける。

これが大事です。良い情報はいつも誰かが握っていて、その人から聞き出すと人生が急上昇することもあります。

良い情報を流してもらえるように、自室にこもる生活よりもこの人は何を欲しているのか?掴む習慣が要ります。

人の心理をうまく捉えていち早く動く習慣が要ります。

市議会議員に立候補してみる

市議会議員は、学歴不問の職業です。

学歴不問で競争がそれほど激しくない職業として、私が以前から知っていた職業に市議会議員があります。

「嫌だよ、恥ずかしいもん!」

と思う人が多いかもしれないですが、それがチャンスなんです。

⚫満25歳以上の日本国民

⚫3ヶ月以上、立候補する市内に住んでいること

基本的にこの2つの条件を満たしている人に、市議への道が開かれます。

私の同級生の知り合いがある小さな市の市議会議員に当選しました。

挨拶がてら事務所に顔を見せると、その人曰く

「市議会議員に当選するためのハードルはそこまで高くない」

と話していました。

「しかしながら、自分の顔写真が掲載したポスターを町中に貼られると恥ずかしいですよ」

「昔、悪さばかりしていた人も選挙活動で頑張って当選を勝ち取ったケースもあります」

とのことです。

市議選は8割の候補者が当選

政治的無関心が高まりつつありますが、市議選の当選倍率は

および1.2倍で8割の候補者が当選する計算です。

しかしながら、これからの市議には政治的無関心を背景にして政策立案力、政治的実行力が求められています。

全国の市会議員の平均月額給料は41万円4000円。

各市の人口により、かなりばらつきがありますがまずまずの高給と言えはしないでしょうか?

営業職がオススメ

人手不足が叫ばれる最近の日本社会でありますが、企業に尋ねてみると、営業職に人手不足を感じる企業が多いです。

これは、大企業にその傾向が強いようです。

営業の仕事は、他の仕事に比べて求人も多く未経験でも転職しやすい職種とされています。

しかしながら、ブラック企業という地雷を踏むリスクも多分にあるのも、また事実です。

運悪くブラック企業に入ってもまた新しく探せば良いというスタイルで大丈夫です。

「仕事をコロコロ変えるのは、けしからん」

というのは、過去の物言いでして現在は「見つかるまで探す」

で良いのです。

「自分の希望とした職場に行き着くまで、何度も何度も探し続ける。いつか探して見せる!」

これでも良いはずです。

そんなガッツのある若者を世間やはたまた神様は見捨てるはずがない!

最近では、ハローワークに通うよりも転職エージェントに就職活動についての準備を丸投げしてお願いした方が良いです。

営業職ならば、求人案件が圧倒的に多いリクルートエージェントがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました