無職お金を貯める月10万簡単に稼ぐおすすめの方法

無職でお金を貯める情報とのことですが、私も実はいろいろと金策に駆け回り試行錯誤したわけですが、その中でも手頃だと思うやり方をズバリご案内したいと思います。

バイトをする、再就職をするという方法もありますが今は多様化の時代。

様々な方法でお金を得ることができます。例え資格なしの無職だとしても月10万ならむつかしくはありません。

株式投資

この株式投資についてですが、株は怖いというイメージを持たれている方が多いかと思いますが株はタイミングの取り方がポイントです。

「タイミング良く買って、タイミング良く売る」これがすべてです。

このタイミングとは、つまり暴落をひたすら待つ姿勢。

マーケットに激しい動揺が起きて株価が大暴落するときを待つこと。これがタイミングを見計らう一番の要点なようです。

暴落をひたすら待って暴落したときに、まずはその暴落の要因を分析します。

暴落の要因が一過性のものであることを確認する必要があります。

先行き不透明でリーマンショックのような底無し沼にでも入る勢いの暴落であるならば、それは投資を行うタイミングではないです。見送ります。

しかし、一過性でしばらくして回復する見込みのある暴落だと判断した場合には投資するべきときだと捉え、その時期に旬な銘柄を必ず現物で買うということが鉄則です。

(信用取引はリスクが大きいのでやるべきではないです)

銘柄は株探(KABUTAN)というサイトが私のオススメです。

政府が後押しするような銘柄や人気テーマの上位にランクインしているテーマの中から株価のチャートが大きく暴落している銘柄を買って、5年とか10年ズーと持っておく(ガチホ)と良い。

ちなみに、私が株をはじめて最初に買った銘柄はフルキャストHDですが、2011年に買っていた当時からして今では10倍以上になっています。

しかし、私は手放してしまっていたのです。本当にもったいないことをしたと後悔しています。

2011年当時、人手不足がささやかれ政府が副業を解禁へと動き出しているのを聞いて、素人目でスポット派遣のフルキャストが絶対伸びると思っていました。

その読みは当たっていました。

さらに、不謹慎な言い方で申し訳ないですが、東日本大震災が起きたときにガッツリ買いを入れておけば今頃はまとまった資産を持つことが可能だったです。

軽配送をはじめる

独立開業で私のオススメは、軽配送です。

最近の世の中の流行としてネット通販の拡大により個別宅配が年々大幅に増えてきています。

代表的なサービスだとUber Eatsでしょうか。

軽トラックに営業ナンバー(黒色ナンバー)を付け、陸運局に開業届けを提出すると晴れて開業できます。

個別宅配は、歩合制を敷いており1個150円前後(?)で荷物をお客さんの個人宅へお届けするというたいへんシンプルな業務内容になっています。

これに諸経費(車と車の燃料代、自動車保険、車検、配送時の駐車場代などのことを指します)を差し引いた金額が自分の収入ということになります。

アマゾンフレックスが東京、神奈川、名古屋でスタートしました。

(今後は、関西や福岡、北海道なんかもアマゾンフレックスを検討中だとのことです。先回りして用意しておくとアマゾンフレックスが上陸したときに、はじめやすいです)

アマゾンの個別宅配は、2時間(報酬は3750円、時給換算で1875円)ごとに前日予約制で勤務できるという何ともアメリカナイズしたような合理的な勤務スタイルで働けるという。

ネット通販の流行による物量の急激な増加により荷物をお客さんのご自宅に届けてくれるドライバー不足が深刻化しているのが、実情です。

アントレという個人事業主向けの雑誌には、軽配送による起業が全体からの上位の人気を得ています。

軽配送は、事業としては安定していて仕事がないということは、考え難い安定した需要が見込め、将来的にはもっともっと市場のニーズは見込めます。

(ふっきーさんのYouTubeがわかりやすくオススメです)

しかしながら、この職種は再配達というデメリットがあります。

お客さんに荷物をちゃんと届けるまで、何度も何度もお客さん宅を訪問しなければならない。

何とも日本の職場らしい理不尽な要求をしてくると思いますが、アマゾンフレックスは再配達がないので働きやすいです。

仮想通貨に投資する

リップルを現物で買ってずっと持っておくように私はしています。

リップルは今のところ50円にもならないぐらいですが、将来的には1000円ぐらいまでは値上がりするだろうと言われています。

現物でガチホならば、そこまで危険ではないです。

プログラミングをマスターして稼ぐ

私は最近までプログラミングというものが、あることすら知らなかったです。

もしかしたら、このプログラミングがこの5つの記事の中で一番のオススメかもしれないです。と言いますのも、日本で一番の人手不足の分野がIT関係であるそうです。

ITの中でも、ことプログラミングに関しましては人手不足が深刻という記事をネットでよく見かけます。

いや、AIに仕事を奪われるんじゃないの?と思われる方も多いかと思いますが、AIに侵食されてもなおも人手が足らなくなることが予想されるとのことです。

プログラミングは時間のある人が、htmlやcss、photoshopぐらいを学んだら良いみたいですね。

これらを習得することでホームページの改修ができるようになるそうです。

これからさらにランサーズやクラウドワークスなどの在宅ワークのサイトに入って、IT関係の案件を探して働くことからはじめても良いそうです。

在宅ワークで稼ぐ

ランサーズやクラウドワークスというサイトをご存知でしょうか?

在宅で仕事ができる時代にもはや突入しているのをご存知でしょうか?この2つのサイトですが、私が使いはじめたばかりのときには使い難く、作業しずらいとイライラしていましたが慣れてくると平気になれます。

このタイトルには、「無職で」とはフリーターや主夫も該当するとしまして、在宅ワークと軽い仕事を併用して働くことで正社員の方と同じぐらいまで稼げるはずです。

治験バイト

製薬会社が商品としてまだ安全性が確認されていない薬品を双方同意の上で薬を試す仕事です。

最近だとファーマシュティカルズジャパンが睡眠関係の治験バイトをラジオCMで募集を頻繁にかけています。

やり方は簡単で、試供された薬を摂取し、経過観察をするという方法。

在宅の場合や数日から数週間ほど特定の施設で経過観察されるという方法。

報酬は5万~30万円ほど

薬の副作用や後の障害が出るかもしれないというリスクもありますが、今すぐ大金が欲しい、だけど働きたくないという人にはおすすめの方法でしょう。

まとめ

以上のように、駆け足で説明しましたが創意工夫すれば仕事は自分で生み出せるものです。

根気と少しの勇気で世の中なんとかなるものです。

決して投げやりにならず、いつも冷静にするように努めて自分の天職をそれこそ転職をそれほどすることなしに掴めるように頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました