東京で働きたい得られるメリットは人生経験と収入

東京で働くということは一度は想像したことがあるのではないでしょうか。

大抵はドラマの舞台が東京で、高層ビルの上の方でなんかすごいことやっているぞ…。

キラキラした洗練した環境で働くなんてなんて素敵。

実際そんな職場で働くチャンスは東京がほとんど、職種も収入も東京中心。

そんな東京で働きたいと憧れる人に東京で働くための方法やメリットデメリットを紹介。

東京で働きたいと思える5つの理由

  • 給料が高い
  • 仕事がたくさん
  • 様々なライバルに出会える
  • 経験値が飛躍的に上がる
  • なぜだかバリバリ働きはじめる

東京で働くと同調圧力か、自分のポテンシャル以上の力を発揮するようになり、今まで以上にスキルアップをし新しい仕事へキャリアアップすることもできます。

工場勤務からIT、ITからコンサルへと順調なキャリアアップができるのも東京の魅力です。

給料が高い

東京都の給与平均額は、年収600万円。全国平均は、年収420万円です。

※統計値ですが実際はもっと低いです。

地方よりも東京の方が、賃金が高いのは一目瞭然ですが問題は稼ぎが多くてもお金を使う誘惑がたくさんあるのも、また難点です。

欲をうまくセーブし、誘惑に負けないことが東京生活でのキーワードであるみたいです。

仕事がたくさん

東京には、仕事がたくさんあります。有効求人倍率は2.04倍。つまり、1人に対して2つの仕事がある状態。

ちなみに、全国平均は1.43倍ですので、東京は仕事がたくさんあってなおかつ人が地方からどんどん流入している状態が続いています。

売り手市場であることは、間違いないです。

さらに、ビジネスチャンスを掴む可能性は、地方にいるときよりも飛躍的に上がるのは間違いないです。

上京してひとまずどこかで働いた後に、ひょんなことから一世一代のビジネスチャンスに巡り合い人生が大きく拓けた。

ジャパニーズドリームじゃないですが、このようなシンデレラになった話はテレビなんかでよく聞きます。

様々なライバルに出会える

東京には、全国いえ世界中からライバルが集いしのぎを削る地域です。

そうした方たちから刺激や影響を受けて自分自身のスキルアップをはかることができます。

経験値が飛躍的に上がる

私は、難しい問題が起きると決まって関東・関西の人に質問するようにしています。

地方の人間を蔑視しているように思うかもしれないですが、明らかに関東・関西の人間の方が難しい問題に対応するのがうまい、しっかりしているのです。

関東・関西は日本の最先端を走る地域でしかも地方を教育・感化させる役割までも担っていると私は考えるのです。

そうした中で揉まれると「朱に交われば赤くなる」ではないですが、感性が地方にいるときよりは一際シャープになることができるはずです。

スキルアップできるのは、間違いないです。

東京でしばらく働いた経験をお持ちでしたら、人をしっかり引っ張ってゆける立場の人間に今後成長できるということです。

(文化の最先端は東京。いや、もっと言えばアメリカです)

若い内に競争の激しい現場を経験することはその後の人生を有意義に送るのには必須のものだと言えるようです。

なぜだかバリバリ働きはじめる

東京にいる人は、なぜだか決まって皆さんバリバリ働き回って忙しそうにしている光景をテレビなんかで見かけたことがありませんか?

このような状態は、東京に住むと決まって活動的になるのですよ。

東京は実に刺激的でエネルギーに満ち溢れています。

自分自身の怠け癖を治したいというのならば、住まいを変えていっそのこと東京で武者修行に行ってみてはいかがでしょうか?

きっと、人生観が大きく変わります。

地方から東京の転職は難しいのか?

今の時代の特徴のひとつに、求職者がブラック企業に遭遇して憂き目を見ることが挙げられます。

仕事がたくさんある東京であるからこそブラック企業に遭遇するリスクも増えるわけですが、このブラック企業ですが「ブラック企業に遭遇したら、すぐに辞めればいいじゃん」と思いがちですが、なかなか実際はそんなにうまく避けきれないものです。

例えるならば、テレビドラマで悪党をねじ伏せるシーンを見たとしても実際に同じことをしようとすると足がすくんで身体がガチガチに硬くなるはず。

イメージトレーニングなんかやってみても所詮は身体がついてゆかないと想定すべきです。

ですから、前もって準備するとしたら誰かに情報収集などをはじめとした準備を一緒にお願いし、就業後もサポートしてくれるところが一番です。

転職エージェントに登録するのが正攻法

現代では、転職エージェントという便利な会社があるのをご存知でしょうか?

この転職エージェントに登録して危ない橋を渡らないように用心に用心に転職活動を進めるのがオススメです。

石橋を渡るがごとくに転職活動を展開するために、細かく要望をこの転職エージェント伝えて万全を期してください。

自分が聞いていた情報とは異なるブラック企業に誤って入社した場合でも、相談にのって頂けるので心強いです。

東京ですぐ働く方法

住み込みで働くという方法もあります。不動産屋巡りをするのではなく、会社の提供する寮やアパートに住み込むことですぐに働いて職場に馴染む環境を作るというやり方です。

さらに、在職中に東京での転職活動をスムーズに進めるには、不動産巡りをして余計に時間を費やすことがないので、この住み込みで働くというのが、一番お手頃で仕事をすぐにでもはじめることができます。

Tokyo Dive(トーキョーダイブ)がオススメ!!

上京に特化したサービスとして、Tokyo Dive(https://tokyo-dive.com/)オススメです。こちらは、住み込みに近いかたちで提携シェアハウスに住みながら求職活動ができます。仕事と住まいを同時に提供してもらえるサービスです。

初期費用も光熱費も、家賃も無料(共益費は別途必要)で家具家電付きです。

キッチン・リビングが共同で個室完備というシェアハウスです。

さらに、Tokyo Diveのワンルームを仲介手数料を半額で紹介して頂けます。

タイトルとURLをコピーしました